用語集

このページは50音順に掲載しています。

  • 分類順用語集
  • 五十音順用語集

「織屋にしむら」のホームページ内で使用している言葉を解説しています。
※おことわり:ここでの解説はかならずしも標準や基準を保証するものではありません。

「織屋にしむら」は、西村織物株式会社の商標です。西村織物株式会社が製織した帯、着尺、袴地などの商品に表示しています。

帯について(五十音順)

あ〜お
帯芯(おびしん)
帯を仕立てる際に芯をいれます。それを帯芯といいます。素材は絹や木綿が多く用いられます。
お太鼓、御太鼓(おたいこ)
帯の結びのカタチの一種。太鼓の胴のように膨らませてカタチを作ります。
か〜こ
角帯(かくおび)
男帯の一種。四季を通じ用いられる。「紗」や「からむし」などは夏用として製織された帯もある。「織屋にしむら」の得意とする分野でもあります。
男帯
絹鳴り(きぬなり)
帯を締めるときに、キュキュッとたてる絹ずれの鳴き音(ね)のことを言います。
九寸帯(きゅうすんおび)
帯巾九寸余サイズの帯(一寸は約3.8cm/鯨尺)。仕立てを前提とした帯で、八寸あるいは八寸二分など好みのサイズに仕立てられます。
九寸帯
小巾袋帯(こはばふくろおび)
本袋帯の概念を念頭におきデザインをし、比較的細いおしゃれな帯を織りました。本袋帯と同等の長さ、11尺から12尺(430cm〜460cm)以上と、比較的長く織られています。帯巾は4寸2分(15.5cm)です。細い緯(よこいと)に沢山の打ち込みをすることで、経糸(たていと)の絹が一層際立ち、艶が増すという琥珀織りです。輝きのあるしなやかな帯地は、体に馴染みやすく、容易に形を作り、そして崩れにくいです。小紋、紬などの着物に合わせて華やかな集まりやパーティにおしゃれに結っていただけます。
小袋帯(こぶくろおび)
帯巾15cm ないし16cmで袋状の帯(袋状にかがった帯と本袋帯がある)。文様は帯全体に置かれているいわゆる全通です。「織屋にしむら」では表・裏面に文様を施し、コーディネーションの幅を持たせています。日常からお出かけまで、年中通して、さりげなくそれでいて華やかな装いを演出します。
さ〜そ
三通(さんつう)
帯全体から三割程度の柄が置かれている様。柄の分量で五通、六通、全通と表現されます。
織機織(しょっきおり)
織機に経糸(たていと)を仕掛け、緯糸(よこいと)のシャトルを動力で飛ばし、打ち込みも動力によって打ち込んだ織り方、またはその織物をいいます。
全通(ぜんつう)
帯全体を通して柄が横たわっている様。柄の分量で六通、五通、三通と表現されます。
た〜と
手織り(ており)
手織り機(はた)で織ること、またその織物をいいます。
胴柄[ 腹紋 ](どうがら[ はらもん ])
帯を締める際に体の前面に置かれている柄、あるいは紋を指します。
独鈷(とっこ、どっこ)
密教法具の一つ。独鈷と華皿を図案化したものが博多織の原点となった文様です。
博多帯について
な〜の
なごや帯
名護屋帯
文禄から寛永(1592〜1644)の頃に流行し、宝暦(1751〜64)頃まで用いた丸組紐の帯。男女共に用いた。豊臣秀吉の朝鮮出兵の折、遠征の根拠地肥前名護屋(佐賀県東松浦群鎮西町)に朝鮮の韓組の技術が伝わり、作りだしたための名。赤・紫・紅白などの色糸を用い、長さは一丈二尺ほど、長い総がつく。幾重にも巻き、後ろや左右の脇で両輪奈に結び垂れた。遊女たちが盛んに用いたらしく、当時の風俗画は名護屋帯を結んだ姿が多い。(出典:原色染織大辞典© 発行所 株式会社淡交社)
名古屋帯
結びの部分を普通巾にし、残りを半幅に仕立てた帯。丸帯の半分の用尺ででき、軽くて経済的。大正末期に服装改良運動の一環として、名古屋で考案された。今日では最も一般的な女帯。柄・材質により外出用から礼装用まで広く使う。柄のつけ方で、全体に通し柄にした全通、垂れ先から六割くらい柄をつけた六通、御太鼓と胴の部分に柄をつけた御太鼓柄がある。最近は芯を入れずにかがって仕立てる袋名古屋帯があり、仕立てやすさと軽さが喜ばれている。(出典:原色染織大辞典© 発行所 株式会社淡交社)
西陣帯(にしじんおび)
京都西陣地域で織られている帯の総称です。
は〜ほ
覇家台織(はかたおり)
博多の古い時代の地名の表示です。
博多織証紙(はかたおりしょうし)
博多織工業組合が定めた品質表示ラベル。1993年10月改定では「金、緑、紫、青」色により区別されています。
博多織工業組合
八寸帯(はっすんおび)
帯巾八寸余サイズの帯(一寸は約3.8cm/鯨尺)をいいます。
八寸帯
八寸 紗(はっすん しゃ)
帯巾八寸余サイズ(一寸は約3.8cm/鯨尺)の紗織帯。 紗織は、綟り(もじり)組織で地を表現し、様々な手法で文様を置く。「織屋にしむら」では、献上柄をはじめ朱子浮(しゅすうけ)などで文様を表現している。紗八寸(しゃはっすん)ともいいます。
八寸 平(はっすん ひら)
帯巾八寸余(一寸は約3.8cm/鯨尺)の帯で、平織りで織られている。帯全体の表面が滑らかな印象。平八寸(ひらはっすん)ともいいます。
八寸 紋(はっすん もん)
帯巾八寸余(一寸は約3.8cm/鯨尺)の帯で、様々な模様(文様)組み合わせて柄を織りだしている。 紋八寸(もんはっすん)ともいいます。
華皿(はなさら)
密教法具の一つ。華皿と独鈷を図案化したものが博多織の原点となった文様です。
博多帯について
半幅帯(はんはばおび)
なごや帯のおよそ半分の帯巾の帯の総称です。
半幅帯
平地織り(ひらじおり)
織り方の組織の一つ。経糸を多く使用し平地に織るのが特長です。
や〜よ
四寸単帯(よんすんひとえおび)
帯巾四寸余(一寸は約3.8cm/鯨尺)で、単(ひとえ)で織られている。「ゆかた帯」に多い仕様です。
ページの先頭へ

帯の名前について(五十音順)

あ〜お
市楽段(いちらくだん)
紋組織の表情から名付けられて紋の名前の一つ。経糸を浮かし、市松風にし、そこに段彩を取り入れた意匠。締め易い帯です。
一粋(いっすい)
「織屋にしむら」の意匠名の一つ。盛(も)りすぎていないこと。不足を知った美を表現の主眼としています。
悦(えつ)
「織屋にしむら」帯の意匠カテゴリー名の一つ。四寸帯(15cm)、小袋帯、男帯(角帯)に使用しています。主に簡潔な柄を中心とした帯を念頭に置いて使用しています。
か〜こ
華悦(かえつ)
「織屋にしむら」帯の意匠カテゴリー名の一つ。小袋帯の中の平地の帯で、サイズ(帯巾4寸3分(16.4cm)、長さ1丈5寸(395m)の朱子浮(しゅすうけ)を中心とした柄に用いられています。ゆかた帯、踊り帯両方に向くように作られています。
カスミ
霞がかかったような色調と風合いの帯。うっすらと透けているので味わいが豊かで、軽く色々な着物と合わせ易いと思われます。
献上柄(けんじょうがら)
独鈷と華皿と子持ち縞をあしらった博多独特の意匠デザインを用い経畝織をしている。江戸時代福岡藩主の黒田長政が幕府への帯を献上したことにより「献上柄」と言われています。
皇悦(こうえつ)
「織屋にしむら」の意匠名の一つ。袋帯のカテゴリーに使用されています。豪華な表情を持ち格式も高い。
五献上(ごけんじょう)
独鈷柄が2本、華柄が3本のモチーフを中心に構成されている帯柄を言います。
さ〜そ
至宝間道(しほうかんどう)
「織屋にしむら」の意匠名の一つ。至宝とはこの上なく大切にしたい思いのこと。間道とは縞柄のこと。博多帯の原点であり、最高峰に位置する帯のカテゴリーに付けられています。
趣悦(しゅえつ)
「織屋にしむら」帯の意匠カテゴリー名の一つ。小袋帯の平織の帯で、サイズ(巾4寸 (15cm)、長さ1丈5寸(395cm)の帯に用いられています。
匠悦(しょうえつ)
「織屋にしむら」帯の意匠カテゴリー名の一つ。小袋帯で、サイズ巾4寸3分(16.4cm)、長さ1丈(380cm)。ななこ織りの柔らかい地風で比較的締め易いです。
生絹(すずし)
生絹とは字のとおり、セリシンが落ちていない糸を使用し、独自の舎利感を表した平織りの織物です。帯と着尺があります。
た〜と
哲三郎(てつさぶろう)
「織屋にしむら」の意匠名の一つ。博多人形師初代西頭哲三郎好みの意匠を「哲三郎」名付けました。
渡来間道(とらいかんどう)
帯の意匠名の一つ。経糸に間道こと「縞」を置き、その上に緯糸にて渡りモノつまり「渡来」の柄を表現し、博多らしい意匠を盛り込んだ帯です。
な〜の
ななこ
「織屋にしむら」の意匠名の一つ。九寸帯です。平織りを粗くしたもので畔仕掛けにて織る。平地より柔らかくしんなりとした味があります。さらに「新ななこ」と言われる帯があります。「新ななこ」は「ななこ」から見て柄の歴史が若いものを指します。
や〜よ
遊糸(ゆうし)
「織屋にしむら」の意匠名の一つであり、織り糸に趣をもたせた「織屋にしむら」独特の手法です。
ページの先頭へ

着尺および帯以外(五十音順)

あ〜お
着尺(きじゃく)
着物に仕立てる以前の着物地のこと。反物(たんもの)とも言われています。
た〜と
伊達締(だてじめ)
着物の下着に胸元を抑える着付け用の紐の一種。伊達締めで襦袢を抑えると着崩れしにくくなります。
は〜ほ
博多風通(はかたふうつう)
風通とは、二重織による模様織物の一種。表組織と裏組織を模様のところで交換させ、表裏に色違いの模様を織りだしもの。(kotobank.jp より引用)。博多の地で織られている風通であることから「博多風通」。
博多お召(はかたおめし)
お召、御召とも言う。お召縮緬(ちりめん)の一種で着尺。博多の地で織られているお召であることから「博多お召」。
博多平(はかたひら)
古くから博多地域で織られている袴地(はかまじ)の呼称です。
ページの先頭へ
  • よくある質問
  • 用語集
  • 博多織献上館にしむら 通販サイト
  • 西村織物株式会社
  • 織屋にしむらFACEBOOK
  • お取扱い店舗
  • 織屋にしむら携帯サイト